道路上下水道グループ 和田格
(平成23年入社)

道路上下水道グループ

現在の仕事について教えてください。
地方自治体からの依頼で、道路の設計をしています。車いすが通りやすい道にするため、歩道をバリアフリー化することが主な役割です。具体的には、バリアフリーの基準である歩道1%の勾配に抑える必要があり、その基準を満たすための設計を手掛けています。
道路の設計に関わるようになったのは、実は最近なんです。入社以来、長く携わっていたのは、水道の設計でした。プロジェクトごとにチームを組んで、水道局や東京都、地方自治体との折衝に当たり、建設コンサルタントとして、横断的に問題を解決してきました。
入社までの経緯を教えてください。
2011年に中途入社しました。前職は、自動車関係の部品設計です。地元である宮崎の会社に就職した後、静岡に転勤になりました。そこで将来のことを考え、宮崎の会社に戻るか転職をするかで悩みました。そんな中、高校時代学んだ建築への興味が捨てきれていないことに気付き、転職を決意して東京に来ました。
偶然、メトロ設計のある入谷という街に引っ越したんです。建築・土木系の会社に絞って転職活動をする中で、求人サイト上でメトロ設計の存在を知りました。面接で、入谷に住んでいると話すと「本当に近いね!」と食いついてもらえて、無事内定しました(笑)。
(笑)。当たり前ですが、それだけじゃないと思いますよ。
CADを使えたことはひとつの要因かもしれません。ただ、前職で使っていたCADとは種類が違って、入社後に改めて勉強することになりました。しばらくは、同僚の皆さんが自分の仕事そっちのけで手取り足取り、親身に教えてくださったおかげで、なんとか作業ができるようになりました。
入社前のイメージとギャップはありましたか。
最初は建築志望で活動していたので、構築物のデザインと聞いて、華やかな仕事かと想像していたこともありました。特に水道の設計は、完成イコール地下に埋まった状態なので、華やかさはないですね(笑)。想像していたより、設計には細かな作業が多いことも驚きでした。クライアントと綿密に打ち合わせて図面を描き、修正してという作業を半年ほど繰り返すケースが多いので、地道にやっています。
道路上下水道グループ
社内の雰囲気はどうですか。
落ち着いていて、アットホームな印象です。ここ数年、新卒・中途問わず若手社員の採用に力を入れているので、さらに活気が出てくるのではないかと思います。社長との距離も近く、年次を問わず意見が取り入れられやすい環境ですね。社員の積極性は高く評価してもらえるので、資格取得の支援も手厚いです。受験料のサポートや講座への通学支援だけでなく、資格手当も整っています。
どんな人がこの仕事に向いていると思いますか。
現場調査に出ることが多いので、街や建築物に興味があると、楽しみながら仕事ができると思います。基本的には東京23区内での業務が多いので、都心はかなりめぐることになるはずです。個人的には、夜間の地下鉄構内など、普段入れないところで調査ができたのは貴重な経験で楽しかったです。
ただ、向き不向きというのはあまり考えなくていいと思います。以前、博多駅前で陥没事故がありましたよね。私自身、初めから土木に興味があったわけではありませんが、破裂した下水管や、露わになったビルの基礎を見て「どうやって復旧するのだろう」とふと考えていました。道を歩けば「勾配がちょっときついかな」と思ったりもする。業務に携わるにつれて、関心はおのずと生まれると思います。
社内でのイベントなどはありますか。
歓迎会や忘年会など、節目での飲み会は、社員のほとんどが参加して盛り上がりますね。旅行やレジャーについては今のところないのですが、会社でそのような企画があっても楽しいかなと思っています。
個人的に、同じ方面に帰る同僚と飲みに行くこともあります。休日に有志でスキーへ行ったこともいい思い出です。
仕事をする上でどんなところにやりがいを感じますか。
街や建築に関わる仕事に就きたくて転職したので、街づくりの根幹を設計できること、そして、生活で使われるものが残せることにやりがいを感じます。入社して数年で責任ある仕事を任されていることも、やりがいにつながっている気がします。
道路工事や建築にかかる費用はとても高額です。しかもそれが税金であると思うと、やりがいとともに、大きな責任を感じますね。

道路上下水道グループ