業務推進グループ 中村磨
(平成28年入社)

業務推進グループ

現在の仕事について教えてください。
業務推進グループという、営業・総務・経理・人事や情報システムなど、技術以外のことを幅広くカバーしている部署に配属され、営業をメインに担当しています。最近の仕事は国や地方自治体などへご挨拶に行くことと、工事の入札情報をチェックして、上司に提案することです。私の役割は、あくまで提案にとどまっていますが、会社が今後手掛ける業務につながっていく可能性もあるので、責任を感じます。
入社までの経緯を教えてください。
私は新卒で入社しています。市民生活を支えられる存在になりたいという思いから、公務員になろうと試験を受けたのですが、失敗してしまい、11月から就職活動を始めました。中小企業が集まる合同説明会に参加して、初めてメトロ設計という会社を知りました。
ブースで、今まで設計してきた実績を見せてもらったとき「この少人数で、よくこんなに設計できたな」と、素直に感心したのを覚えています。土木から建築、鉄道など、事業範囲も幅広く、パワフルな会社だと感じました。都市を整備していくことのおおもとには設計者がいるのだと知ることができたのは、この会社に出会えたからです。そのような設計に事務職員として間接的にでも関わることで、人の生活を支えたいという自分の思いは叶うかもしれないと思いました。
入社を決めるにあたって不安はありましたか。
面接が進む中で、業務推進グループでの採用がほぼ決まっていたのですが、業務内容が幅広く、どんな仕事を任されるのか、期待と不安が入り混ざった感じでした。ただ、私は高校から大学まで演劇部で活動をしていて、会社でもその時と同じように、チームを支える「縁の下の力持ち」として働けたらいいなと思っていたので、設計部門を支えるグループで仕事ができて、やりたいこととのミスマッチは全くありませんね。
あとは、社員数が少ない分、もしも人間関係で上手くいかなかったら逃げ場がないという不安もありました。実際入社してみて、今は日々安心して働けています(笑)。
業務推進グループ
職場の雰囲気がよかったということでしょうか。
そうですね。穏やかで話しやすい人が多くて、ほっとしました。就業時間中は、各自集中して黙々と仕事に取り組んでいますが、たまに上司が一呼吸おける時間をつくってくれるので、とてもありがたいです。
仕事上でうれしかったことはありますか。
新聞から毎日ひとつの記事を選び、要点を抜き出したり感想を添えたりして社内に発信しています。社内の情報共有はもちろん、共通の話題になればと続けているのですが、単純に「読んだよ」という言葉をかけてもらえるだけでとにかくうれしいです。どんな記事を選び、どう伝えるかは自己裁量なので、少しでも会社や社員の役に立っていたら、さらにうれしいですね。人数が少ない分、自分が支えになれる人の顔が見えるので、やりがいを感じます。
今後手掛けたい仕事はありますか。
今は、入札情報をキャッチして、上司に提案するまでしかできていませんが、この先は、入札のプロセスを学び、一連の流れを自分で担当できるようになりたいです。将来的には、経理など、他の事務業務にも携わっていきたいと思っています。
あと、メトロ設計が入居するビルの1階は、SOOO dramatic!というイベントスペースなんです。地域に開かれた場所として、イベント会場や演劇の舞台などに活用されています。入谷の活性化にもつながると思いますし、元演劇部としては、文化活動を支援する場を自社ビルに持っていることは誇らしいです。今のところ運営に関わることはありませんが、自分の業務で手一杯の状態を脱したときには、関わる機会を持てたらと思っています。
就活生に一番近い存在として、メッセージはありますか?
中小企業は、コンタクトをとる機会が少ないので、不安もたくさんあると思います。でも、少人数だからこそのメリットもあります。例えば、意思決定が速く、大企業にはない機動力を持っていること。そして、若いうちから責任ある仕事を任されるので、入社して早い段階で、社会に多大な影響を与えられることもあります。
また、社内の環境をボトムアップで変えていくのは難しいことですが、中小企業は社長との距離も近いので、まず話を聴いてもらうという、第一歩が踏み出しやすいことも大きなメリットだと思います。
メトロ設計が手掛ける都市インフラは、生活の基盤です。決して目立たないのですが、なくてはならないものを造り出すことができる会社なので、誇りを持って働けると思います。先輩方とのコミュニケーションもきちんととれて、温かい雰囲気の職場なので、安心してほしいです。

業務推進グループ