経営理念
philosophy

未来環境を創る仲間

一、私たちは、人と自然が調和し笑顔あふれる未来環境を創る仲間です。

 私たちは、自然を敬い自然の脅威から人を守るために、常に自然との対話を行い、いつか人と自然が共存できる未来都市を築きたいと考えています。そこでは、悲しみや憎しみのない笑顔あふれる人々が、自然と調和しながら生活している。
そんな未来のあるべき都市の姿を想像しながら、それを支える様々な技術開発や地域コミュニティ育成のノウハウの蓄積をしていく会社をめざしています。

技術を未来につなげる仲間

一、私たちは、社会インフラを支える技術を未来につなげ世界の都市の発展をめざす仲間です。

 私たちは、人々が快適で幸せな生活の営みができる社会を支えるインフラに関わる技術=人を企業活動を通じて永遠に教育し続け、世界中の人類の発展を支える会社となることをめざしています。

学び合い共に成長する仲間

一、私たちは、お互いの夢と幸せの実現をめざし、学び合い共に成長してゆく仲間です。

 私たちは、一人一人が常に行動指針(21C)に振り返り自分の行動を見つめ直しながら、会社やそれぞれの夢と幸せの実現をめざし、全社員、取引先、お客様、地域の住民の方々がお互いに学び合い共に成長していくことをめざしていきます。

社長挨拶
message

社長写真
代表取締役
小林一雄

 近年の建設業界を取り巻く環境は、高齢化社会・人口減少の時代を迎え、戦後この日本の復活と高度成長を支えてきた膨大な社会インフラを今後の世代の人々が安全・快適で安心して暮らせるように引き継ぐためには今まで蓄積された地震大国である日本の土木技術の継承と絶え間ない技術開発が必要であると考えます。

 私たちメトロ設計は「未来都市創造企業」を事業コンセプトに掲げ「人と自然の調和した笑顔の未来環境を創造する」ことの実現を目指し、自らも社会資本の利用者であるという視点を忘れずに社員一同が「仲間」として夢のある未来環境の創造に向かって進み、日本の誇れる土木技術の継承と新たな技術開発による産業の発展に寄与していきます。

 私は創業者の「多年の経験を活かし技術の交流、後輩の指導を計り近代土木技術」の発展を願うという想い、先代の「良い仕事は良い家庭から」、「良い仕事は良い職場から」という想いを受け継ぎ今後も益々、従業員の皆さんが自分の仕事に誇りをもって仲間と一緒に楽しく仕事ができる環境を提供できるように努めてまいります。

 また、本社ビルのある私の地元台東区での不動産事業を通じた地域貢献をすることで、今後の日本の将来に必要不可欠なまちづくりや地域の活性化につながる新たな事業展開を心がけていきたいと考えています。

社長プロフィール
profile

昭和46年生まれ。小学校から高校までを現在の本社ビルのある台東区で育つ。
平成7年、慶應義塾大学理工学部機械工学科を卒業後、日野自動車工業に入社しエンジンR&D部先行開発チームにて3D-CADを用いたコンカレントエンジニアリングのプロジェクトに従事。
平成10年に家業のメトロ設計に入社。
平成13年に慶應義塾大学経営管理研究科(経営情報学専攻)を卒業しMBAを取得。情報システム部門の設立や情報システム関連の新規事業の立ち上げを行い、平成20年に代表取締役に就任し現在に至る。

ロゴマーク
corporate identity

メトロ設計ロゴマークには私たちの設計に対する思いが込められています。

corporate color

green自然・緑化・成長・発展

blue水・潤い・地球・都市

corporate design
  • metropolitan identity
    未来の都市・建造物を表します
  • engineering environment ecology
    環境に対しての技術力を表します
  • tree
    樹木の形状をシンボライズし、自然に対する畏敬の念を表します
  • reborn
    都市の再生を表します
  • originality
    地下空間のトンネル、共同溝をシンボライズし、独創的な開発設計を行います


当社は、平成31年2月より、品質と情報セキュリティを合わせたマネジメントシステムを運用することにしました。この適用される要求事項を満たして活動するとともに、その有効性を継続的に改善していきます。
当社のマネジメントシステムは、「経営理念」を基礎に、毎期の「経営計画」の一部を「品質方針」と「情報セキュリティ方針」の形で社内外に示し、「エラー防止」だけでなく、顧客の望む成果を常に提供できるよう、全ての社員がそれぞれの役割においてマネジメントを行い、顧客満足を得るとともに、個々の社員の力量を向上し、結果として、「経営計画」が達成できることを目的としています。
第57期は、次の活動に取り組みます。

品質方針
quality policy

1. 人材の確保・教育・連携
1)人材確保
 人員体制の短・中期計画を立案し、国内の新卒・中途の採用、海外人材の活用などを計画・実施する。
2)人材教育
 技術士受験の他、技術力向上とマネジメント力向上に必要なコンテンツを整理し、
 年間研修計画を立案して、社内研修と社外研修の組み合わせを計画し、実行する。
3)人事制度
 考課制度と等級別学習目標の見直しを行う。
4)コミュニケーション
 新たなコミュニケーションツールの利用や業務外のコミュニケーションの活性化を図る。

2. インフラの整備
社屋の長期修繕計画の策定、レイアウトの見直し、情報システムの計画的強化等を行い、職場環境の改善を図る。

3. 業務遂行体制の強化
照査体制・協力体制・システム化・商品拡大・残業削減等について、検討・実施して、業務遂行体制の強化を図る。

4. マネジメントシステムの強化
事業継続計画(BCP)を策定する。

情報セキュリティ方針
Information security policy

1. リスクの極めて高い情報の保護
当社は、当社の事業継続に最も大きな影響を与える次の2つの情報のセキュリティを最優先課題と捉え、保護する。
 1)業務で貸与された顧客施設の機密情報
 2)業務で貸与された個人情報

2. 社員の個人情報と業務関連情報の保護
社員の個人情報については法令に準拠して定めた社則に従い、その他の業務関連情報については、品質マネジメントの一部として管理する。

3. 情報セキュリティの継続
自然災害その他の危機に際しても、情報セキュリティとマネジメントシステム等が継続し、当社の事業が継続できるように、事業継続計画(BCP)を策定する。

令和元年7月1日
メトロ設計株式会社
代表取締役 小林 一雄